キャットフード プレミアムキャットフード おすすめ 紹介&レビュー

猫白血病

猫白血病の感染経路

この病気は猫以外の動物には感染しません。
感染経路は「唾液」「排泄物」「涙」「母乳」「血液」「胎盤感染」などです。
猫白血病に感染した猫から排出されるものにウイルスが含まれているためです。
ウイルス自体は感染力が弱く、家庭内消毒は簡単です。(手洗いや除菌シートなど)
空気感染はあまり多くなく、ウイルス自体は1週間以内に消失します。

母子感染は高いと言われています。母猫が猫白血病ウイルスを持っていたら子猫はほぼ感染すると思ってよいそうです。
妊娠中の胎盤感染、出産時の血液感染、出産後のグルーミングなど。

猫白血病が発症するまで

「急性期」を過ぎて「慢性期」へ移行します。
急性期
子猫が感染した場合致死率は非常に高く、月齢があがっていくにつれ免疫力が高まり4か月をすぎると回復率が90%となると言われています。
急性期の時にインターフェロン治療によって治癒する子もいます。
急性期の症状としては発熱や下痢、貧血などの症状が現れます。

慢性期
月齢があがっても陽性反応のままだと慢性期に移行します。
一見症状がなくなり治ったように見えても数年後に慢性期の症状が現れ始めます。
症状としては貧血や細菌感染、口内炎などの口腔炎症、最悪の場合リンパ腫などが現れます。

免疫力を高めることが鍵

子猫のうちに白血病の陽性反応が出た場合は、早めのインターフェロン治療によって治癒する可能性があります。
免疫力を高めるには
免疫力を高めるサプリメントなどもありますが、基本は毎日の食事で免疫力を高めましょう。
猫の健康を考えて作られている高栄養・高品質のプレミアムキャットフードがおすすめです。

最安値★フィットアズアフィドル 1.3kg                         最安値★フィットアズアフィドル 2.7kg                         最安値★フィットアズアフィドル 5.4kg

白血病が発症してから、品質が良いプレミアムフードを食べさせても無駄ではないですが遅いです。
口内炎が出来、食べたくても痛くて食べれなくなります。

そして猫の様子が少しでもおかしいと思ったら早めに病院に行くことがとても大事です。

猫白血病を発症してしまったら

症状的には猫エイズと似ています。よだれを出し口内炎が出来、食欲が落ちやせていきます。

治ることはありませんが、通院によって症状を落ち着かせることはできます。(徐々に薬の効きは悪くなってしまいますが・・・)
食事は発症する前に食べさせていたフードを与えて大丈夫ですが、カリカリの場合口内の炎症によって痛くて食べられないと思います。

カリカリは水やお湯を少しいれて数時間放置しふやかした状態のものを与えるとあまり痛がらず食べてくれます。

にぼしが入ったフードは、にぼしを取り除いてあげた方がいいです。
水やお湯でふやかしてもにぼしは柔らかくならず、口に当たって痛がります。

食事=痛いことと認識してしまうとますます食べなくなってしまいますので、色々工夫してあげてください。

猫白血病猫との暮らし方

子猫で猫白血病の陽性反応が出た場合は、4か月くらいまでインターフェロン治療を続けると治癒することがあります。
インターフェロン治療とは免疫力を高める治療です。

多頭飼いの場合猫白血病に感染している猫とは完全隔離した方が安心です。
食器やトイレから感染する恐れもありますし、グルーミングによっても感染する可能性があります。
猫白血病ワクチンで防げると言われていますが100%ではありません。
もう亡くなってしまいましたが、猫白血病に感染した猫と仲良くしていて、健康な猫が感染してしまいました。
ワクチンを打っていましたが、効果が切れる頃にグルーミングで感染したと思われます。
今後、猫白血病の猫を保護した際には隔離部屋で過ごしてもらうよう決めました。

発症してしまった場合、猫エイズのように数ヶ月間など生きることはありません。
体感的には猫エイズよりも苦しむように感じます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional