キャットフード プレミアムキャットフード おすすめ 紹介&レビュー

FrontPage

健康は毎日食べるキャットフードが作ります

今食べさせているキャットフードはどこで購入したものですか?
スーパーやホームセンターなどで購入したキャットフードであれば原材料ラベルを一度確認していただきたいと思います。

「チキンミールやミートミール」などの表記はありませんか?
鶏肉を使用しているなら「鶏肉」と表記すればいいですよね。なぜ「チキンミール」と表記しているのでしょうか。
チキンミールには「鶏が丸ごと」が入っている可能性があります。肉以外の毛・くちばし・内臓・足・排泄物全てです。

「家禽ミート」などの表記はありませんか?
家禽ミートって何の「肉」だと思いますか?

・路上で轢かれた動物
・安楽死させられたペット
・サルモネラ菌や大腸菌に汚染された肉
・家畜動物の糞、尿、羽、とさか、くちばし、足、腫瘍部分

信じたくありませんがこれらが「家禽ミート」の正体です。
人が食べることが出来ない劣悪な肉のことを「4Dミート」と呼びます。

気をつけないといけないのは4Dミートが使われているキャットフードは大容量でとても安いキャットフードだけでなく、CMでよく目にする皆知っている大手のキャットフードにも使用されている可能性があるということです。

食べさせているキャットフードのメーカーのHPを見てみてください。原材料についてきちんと説明されていますか?
説明がされていないということは、説明ができないのです。
このサイトで紹介しているメーカーのプレミアムキャットフードは原材料について原産地・品質などしっかり説明がされています。

肉以外にも残留農薬たっぷりな穀物や危険な化学保存料・添加物などが市販のキャットフードには使用されています。

ペットは家族と言われて久しいですが、ペットフード業界はまだまだ「安かろう・悪かろう」が常識です。

猫がキャットフードを吐く理由は?

プレミアムキャットフードと市販のキャットフードは何が違うかというと品質です。

プレミアムキャットフードといわれるキャットフードは

・人間が食べることができる品質の食材を使用している
・化学的な保存料や酸化防止剤がほとんど使用されていない
・猫にとって最適な高品質の動物性タンパク質が多く含まれている

簡単にまとめると「人間が食べても問題がない安心安全なキャットフード」なんです。

市販のキャットフードを食べさせ続けると絶対病気になるわけではありませんが、病気になるリスクは確実に高まります。

我が家の猫たちにも8年間市販のキャットフードを食べさせ続けていましたが、吐く子たちが増えてきました。
朝の日課は吐いた物を片づけるところから始まりました。
猫が吐く原因の一つに「市販のキャットフードの素材と添加物」があります。

私たちが普段食事をして吐くことなんてほとんどありませんよね。
体調不良以外で吐く理由があるとすれば、食材が腐っている・汚染されているなどの理由しかありません。

猫も人間も哺乳類です。人間がなる病気は猫もなります。
猫が体調不良以外でキャットフードを吐くのなら原材料や添加物が反応している可能性が高いです。

実際、市販のキャットフードからプレミアムキャットフードに変えたところ我が家の猫が吐く回数が激減しました。

おすすめプレミアムキャットフード紹介

よく食べる

食いつきがいいプレミアムキャットフードを探している方はこちらからどうぞ。
穀物が入っているプレミアムキャットフードもありますので、穀物アレルギーがある子には原材料をよく確認ください。

グレインフリー





体をよくかきむしっていたり、涙目だったり目やにがひどい場合は穀物アレルギーの可能性があります。
アレルギー症状はどんどんひどくなっていく可能性があります。
おすすめのグレインフリーフードはこちらです。

コスパ





多頭飼いをしている方、大袋で買っておいて小分けして保存したい方などサイズが豊富なプレミアムキャットフードを探している方はこちらにどうぞ。
サイズが大きいほどお得になります。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional